CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
RECOMMEND
LINKS
ブクログ
Twitter
OTHERS


SPONSORED LINKS

日々の戯言を徒然なるままに...。
ママチャライダーからロード乗りに変容していく様を、素人目線でだらだら書いていくよ!
恋愛ネタで鬱ってたり、いきなり語り出したりするよ!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
川崎マリンエンデューロ

数日前の天気予報を、いい意味で裏切ってくれた日曜日、
生まれて初めての自転車レースに出場してきました。

来月で自転車歴2年になるし、
一人でイベントくらい参加できるようにならんといかんなぁと思いまして。

カテゴリは、2時間Woman ロード・ソロ。
会場は、東扇島東公園。坂道が一切ないド平坦。
レース初心者な自分にはありがたいほど無難なコースでした。

東公園コースマップ



日曜なのに普段通りの起床で、自転車の整備、点検。
シャワーを浴びて準備して出発。

最寄りの駅まで走って、輪行して川崎駅へ。
昼前の快速に乗ってしまったので、京浜東北線はいい具合に混雑。
精神的に疲れるから、輪行は嫌なんだよなぁ。

川崎駅で自転車を組み立てて、東扇島へ。
途中の海底トンネルがまったわかりにくくてw
トンネルがまた仄暗くて長い長い…1kmもあるらしい。

海底トンネル

自転車乗っちゃえばたいしたことはないのですが、ここは乗車禁止通路なのです。
自転車乗りがぞろぞろと律儀に押して歩いてましたww
てくてく歩いて地上に出て、しばらく走ると東公園に到着!

東公園

わー自転車乗りがいっぱいおるー!!!!

会場

12:10― 受付

自転車を芝生に置いて、おろおろと受付を済ませる。
ジャージにゼッケンをつけて、計測器のチェックを済ませて、準備オッケ!

ぼっちで手持ち無沙汰だったので、挙動不審にうろうろ。
正面ステージ見て、やっと来たなーっと実感。



12:50― 試走

そんなこんなで、あっという間に試走の時間。
軽く走るだけだったのに、直線の向かい風が強くてすでに疲れ気味…。
折り返して追い風になるとスピード出て気持ちいいんですけどね。

実際走ってみると、5kmって長いような短いような。
1周にだいたい10分くらいだったので、このくらいのペースを基準にして、
とりあえず10周走りきることを目標にしました。

2周してぽけーっとミーティング待ちしてたら、いつの間にかかなり前の方にwww
周りデュラエースとかばっかなんだけど!?ディープリムホイールばっかなんだけど!?
場違いにも程があるだろ自分よ!こんなとこ恐すぎる後ろ行きたいのああああああ!!!!

13:30― スタートww

前の方にいたはずなのに、後ろからガンガン抜かされていく。
ちょwwww 向かい風で出す速さじゃないでしょあんたらwwwwwwww

上手く集団に入れなくて、しばらく一人でマイペースに走っていたら、
早くも折り返してきた人とすれ違う。

…なんかとんでもないところに潜り込んでしまったのではないか…。
だが向こうは玄人!こっちは素人!気にしない気にしない!

向かい風の直線は、ペースが合いそうな男の人の後ろにくっついて、
追い風の直線に入ると、ちょっと速めの人について踏む。
ずっとこれの繰り返しでした。

でも、休憩なしで2時間、ハイペースで走り続けるってホント難しい。
強い向かい風の中を繰り返し走っていると、どんどんしんどくなってくる。

正直30分経過時点でもう嫌になってきたwww

あっという間に先頭集団に追いつかれる。早くも周回遅れww
序盤でちょっとだけ先頭集団に入ってみるが、向かい風の中40km/h出てるwww
スリップストリーム入ってるのに苦しいし、集団から出るのも大変だった…。

序盤調子こいて踏みすぎた?せいか、右膝がおかしくなる。
こりゃやばいと思って左足に頼ってたら、今度はつりそうになるww
早々に諦めて、のんびりモードに切り替えてなんとか2時間完走。疲れた!!!!!!!!

リザルトは極めて微妙。特に入賞とか狙ってたわけではないんですが滅相もないww
12周でアヴェレージが30km/hいきませんでしたが、当初の目標は達成できたし、
周りで落車やパンクしてる人がいたので、無事に完走できただけ良しとしましょう。

走り終わった後、誰に労われるでもなく、ぼっちに耐えきれ無くなったので、
表彰式だけ見て早々に帰って来ました。

帰りの電車は空いてて座れたので爆睡ww 幸せすぎたwwwww

帰宅して風呂入りながら一人反省会。

2時間だと思ってなめてかかってたら痛い目を見たわ。
速い人は本当に速い。自分なんかカスだと思った。自分の素人貧脚を恥じた。

同時に、やっぱり自分はロングライド派だなぁ、としみじみ思った。
正直、エンデューロなんか何が面白いのかわからなかった。
速く走れればそれは気持ちがいいけれど、人と競うことに楽しさを感じなかった。

でもまぁとりあえず。
今回は自分でエントリーして、自力で走りきって、っていう経験をしたかったので、
大変だったけど、いい経験になったと思う。やっと自転車の世界に踏み込めた感じ。

来月ももう1本レースがあるので、こっちも頑張ろうと思います。てきとーにw


JUGEMテーマ:自転車


| Bike... | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
初☆サコッシュ

10月10日。体育の日。祝日。

だるい体を起こし、歯磨きしながらツイッターを開けば、
「荒川なう」だの「彩湖なう」だのが溢れかえっている。

どいつもこいつも天気がいいからってなんなんだよ…!
裏山すぎるだろチクショウ…!

そんな自分は、夏休みが丸2ヶ月とかなりゆとってたので、
祝日にも関わらず平常授業…。
民衆はみな休日を謳歌しているのに、なぜ…なぜ…!

1限から3限まであるので、9時から14時半まで大学に。
午前中に終わればまだ行動範囲が広がるだろうけど、
3時前に解放されたってどこも行けないだろうが!


…とそこで考えた。
授業後に、20km圏内で行けるところはないものか。

サコッシュ(@下北沢)があるジャマイカ!!!!!!!


ほんなもんで、今日はジテツウ。
路面はまだ少し濡れていたけれど、涼しくて快適。

かとおもいきや、タイヤ変えてから初めてのパンク…おうふ…。
1限遅刻…萎えたけどめげない!

3限のレスポンスシートをぴゃーっと書き上げて、いざ下北!

不忍通り、目白通り、甲州街道を使って北沢へ。

目印が少ないので迷いそうになりましたが、
わりかし栄えた商店街をそろそろと進むと、
高そうな自転車がずらーっと並んでいるお店を発見!

これかー!!

自転車

外側からの写真撮るの忘れたので中からのでw

てゆかビビリなので、一人できたことを早くも後悔したw
自転車をどうやって停めたらいいものやら、
どうやって足を踏み入れたらいいものやら、
久々に緊張したwww

店内

中入るとすでにレーパン男子で溢れているwwおうふ濃ゆいw

奥のすみっちょに着席しメニューを眺めつつ、

ツイッターで「サコッシュなう」。

そしたら、目の前のレーパン集団の人が話しかけてきてくれて、
なにかと思ったら、なんとフォロワーさんでした!
彼らはオフ会で走りに来ていたらしく、
偶然!感激した!まさか本当に出会せるものなんだな!

フォロワーさん以外の人は全然つながりがなかったのだけど、
これも縁ということでフォローしあいっこw

いろいろ話してる間に、オーダーが到着。
アイスベリーオレとキーマカレー!

アイスベリーオレ!

キーマカレー

お昼も食べずに走ってきたのでガッツリ!美味しかったです!
満腹になったら眠くなって帰るのが面倒になったw

お会計して、恒例?の写真撮影。
お店の前で自転車で来たお客さんの写真を撮って、
自分のコメントと共にホームページに載せてくださるのです。

写真写りも悪いし、
そんなにいい自転車に乗ってるわけでもなかったので、
かなり恐縮だったのですが(苦笑)
でも、掲載されてるのを見たらテンション上がりました!
魚拓とっとく!ww

最後にフォロワーさんたちとお店の前で記念撮影。
写真の加工がめんどいので載せませんw
(まぁお店のサイトに載ってるんだけども)

すっごく楽しい時間でした。
自転車はそこまで好きじゃないけど、
こういう出会いのキッカケになるのは嬉しいし、楽しい。と思う。

今度は一緒に走る機会があるといいなー。
そしたらたぶん、もっと自転車がすきになれるかもしれない。

なんてことを考えながら、家路に着いたのでした。

週一でこれくらいの距離走れるといいなぁ。
今月は川崎マリンがあるので、ちょっとずつ足を慣らさなくっちゃ!


JUGEMテーマ:自転車


| Bike... | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
箱根峠サイクリング!

台風が立て続けに通りすぎ、すっかり涼しくなりました。
自転車で走るにはちょうどいい季節ですね。

さて、先日の日曜日ですが、
Y'sロードお茶の水店のサンデーライドにお邪魔してきました。

早朝6時にお茶の水店前に集合ということで、
早朝4時半起きで、着替えて準備して5時過ぎに自宅を出発。

家を出たらまだ外が暗い…そして寒い…。
ショートのレーパン一枚しか履いてこなかったことを後悔した…。
もう夏も終わってしまったんだなぁ…と。

わりと早めにお店に着いて待っておりましたら、
ぞくぞくと自転車乗りが集結…!
みんなガチすぎて自分の素人臭が浮き彫りに…。
そして「あれ誰?」が漂うアウェー感…!
私は空気!私は空気!

全員が揃ったところでお茶の水を出発!
10数人で国道を走る様は壮観ww
後ろの方にいると全然抵抗を感じなくて楽チン!

ちょこちょこコンビニ休憩をとりつつ、
横浜を過ぎ、Y'sロード茅ヶ崎店へ。

荷物を置いて、休憩して、小田原へ。
曇り空でパラっと降ってきそうな天気でしたが、
海沿いを走るのは気持ちがいいですね。
だども、みんなで走ってると、思うように止まれないので写真が撮れないorz

小田原を過ぎて、箱根峠の手前のコンビニで一旦休憩。
改めて足を伸ばして、お手洗いを済ませて、いざ箱根峠!

去年登ったときは、1時間20分くらいでした。
峠ギリ手前の橋から、登りきったところまで。
前回は初見だったのだけれども、あまりの勾配に爆笑してたなぁ。
ヘアピンカーブの黄色い看板で一回止まって記念撮影してはしゃいでました(笑)

はてさて、今回はどうでしょう…。

最近走っていなかったのと、女の子の日で体調が悪かったのとで、
最初の上りで出鼻をくじかれハァハァ。
ギア残しとこうと思ったんだけど、
早々にインナーの真ん中まで落としてしまった…。

例のごとく一桁の速さでちんたらちんたら上っておりましたが、
だんだんふらふらしてきました。

箱根神社の鳥居の前の坂の途中で、
ペダルを踏みきれなくなってバランス崩して転倒。

一回足ついて体勢を整えて、
再び登り始めようにも急勾配過ぎてバランスとれないwwwww
ペダルはまらない踏めないwwwwwwww ワロタwwwww

なるべく歩きたくないので、踵で体重かけて踏んで、
勾配が緩くなるまでそのまま走る。

このあたりから、体調悪化。でも意地でも登る。気にしない。
だんだん呼吸が浅くなり、どんどん気持ちが悪くなってくる。
そのまま少し登ったけど、サッと目の前が白くなって、
倒れこむようにおみやげ屋さんの前でダウン。

はい、女子の日にありがちな貧血ですね!ダッセェww自分ダッセェww
てゆか貧血を初めて体験したよ畜生めが。

しばらく頭を上げられなかったけど、
後から追いついた彼に助けてもらいつつ、
水飲んでまた上り始める。むかつくから意地でも登る。

前回はあんなに面白かったのに、今回は楽しむ余裕が全くない。

だってアップダウンないんだもん。ずっとずーっと、急勾配。
七曲りじゃねぇじゃねーか!もっとあるじゃん!

とか内心で思いつつ、半泣きで登る。
時速4kmでもとにかく踏む。
だって登らないと終わらない。

彼には申し訳なかったけど、並走してくれて助かった。
誰か一緒にいれば、遠慮無くぶっ倒れられるし、
一人で黙々と登るより、誰かの背中を追っていたほうが気分的に楽。

やっと登り切ったところで、みなさんが快く待っていてくださったけど、
嬉しい半面、情けなくて泣きたくなった。
タイムは結局1時間35分。最低…!
体調不良とか言い訳にしちゃうあたり最悪!ダサすぎる!
あー早くリベンジしたいわ…。

全員登り終わったところで、芦ノ湖まで下ってコンビニで休憩。
気温12度とか寒いwwww ホットミルクティーが沁みました。

そのままトンボ返りでダウンヒル。
ダウンヒルちょう気持ちー!!
行きのフラストレーションを解消すべく、
下りはガッツリ飛ばした!!

ヘアピンカーブを綺麗に曲がれた時の快感ったらないよね!
これだけ気持ちいい角度を登ったんだ…と。

寒いかと思ったけど、結局いい汗かいてました(笑)

帰りは結構くたくただったけど、
しっかり茅ヶ崎まで帰ってこれました。

初対面の人ばかりに囲まれて緊張したけど、
普通に一緒に走ったり労いあったりする仲間がいるというのは、
なかなか悪くないなーと。
とても楽しいサイクリングでしたっ!


JUGEMテーマ:自転車


| Bike... | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
9月ですね。

気がつけば、もう9月に入ってしまいました。

8月に誕生日を迎えて、21歳になって。
年を重ねるたびに、どんどん時間が早く流れていく。

悲しい事が一気にたくさん押し寄せて、
眠れなくなったり、食べれなくなったり、
勉強も仕事も手につかなくなって、
ひたすらもやもやして、頭を抱えた1ヶ月だった。

先月の日記見るとただの欝ブログだねw
本当はもっと自転車ネタとかほしいところだよねw


21歳って、なんだか特別な歳な気がする。

新しい出会いが多くて、
新しい体験が多くて、
新しい価値観に出会う。

20歳のそわそわがなくなって、
いろいろなものがよく見えるようになって、
焦ってみたり、怯えてみたり、
今まで知らなかった、自分をたくさん発見する。

この1ヶ月でこれだもの。
幸先が不安で仕方ない。

夏休みも後半。
もう1ヶ月?まだ1ヶ月?

とりあえず、今月も少しずつ、しっかり生きていこう。
ひたすら勉強して、自分のタスクを少しずつ消化しよう。


JUGEMテーマ:日記・一般


| Days... | 02:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
すっごい性格悪いこと書くけどキニシナーイ。

情緒不安定もいいとこだわ。
めんへら〜になりそう。
マイナス思考のスパイラル。


何が不満なんだろう。
たぶん、あれ以来。
彼への見方が大きく変わってしまったんだと思う。
全部が不安で、全部が不満、まとまらない。


暇さえあれば自転車ばっかり。
酒飲みながら愚痴を言い合える友達もいないのに、
大人に構われてホイホイついてって。

デートだって、人混みが嫌いだなんだ言って、
買い物もまともに付き合えないくせに。
最近は減ったけど、結局自転車使わないと、
まともにデートもプランニングできない。

なんか、自転車が嫌いになりそうだ。
自転車とったら、お互いに何も残らない気がするけど。
私と彼を繋いでくれるものは、他になにがあるのかな。

そのうちこっちから誘わないと会わなくなりそう。
今からこんなこと考えてたら、来年どうなることやら。

来年になったらもっと忙しくなって、もっと時間がなくなるのに。
それでもやっぱり、彼は自転車には乗るんだろうな。


彼から自転車を奪いたいわけじゃない。
自転車に乗って私の前を走る彼はとてもかっこいいし、
旅の話をする彼は、とても楽しそうで輝いてる。

大人に可愛がられるのは悪いことじゃない。
年上の人から得られるものは大きいし、
それだけで人間関係は広がっていく。

ただ、彼の中心が自転車で、
その周りをとりまくもののたった一片が私で、
私が一人で不恰好に振り回されてるだけなのだ。
私を彼の中心にしてもらいたいなどと、
気持ちの悪いことは考えたことないけれど。おえおえ。

でも、これ以上彼が自転車にのめり込んでしまうと、
私はその一片ですら、いられなくなってしまう気がする。
自転車の周りを囲うものがどんどん増えていけば、
私はどんどん外にはじき出されてしまう気がする。

私が知らない彼の部分が増えていって、
自転車や、その周りのものに、
彼を奪われてしまうような気がするのだ。

書いててなんだか自分がきもくて笑えてきてしまった(苦笑)

私は私の存在意義がわからない。
彼にとっての私はいったいなんなのか。
なんのために私と付き合いを続けるのか。
別に彼は、私を必要としているわけではない気がする。

自転車に乗って、自転車仲間に囲まれていれば、
それだけで彼の生活は綺麗な円を描く用に回るんだろう。
それだけで、彼の生きがいになるんだろう。

自転車より私が優先だなんて笑わせる。
よくそんなことが言えたものだと。
調子のいいことばっかり。
嘘ばっかり。


JUGEMテーマ:日記・一般


| Days... | 02:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Be cool...

かなり憤っているので、冷静になろう。

今日、大事な男友達を一人失った。

生き別れたとかではなくて、
「もう連絡をとりませんのでよろしく」
的なメールが徐に送られてきた。

何か怒らせるようなことをしたのかな?
この間バースデーメールもらったばかりだし、
飲みに行こうぜ〜なんて話をしていた矢先なのに。

驚いて彼に電話をして話を聞くと。

彼の彼女さんが、もう私と連絡をとらないように言ったようだった。

その彼女さんとは面識があって、3人で遊んだこともあるし、
こっちの恋人も連れて4人でお茶したこともあるし、
完全にプライベートで2人だけで遊んだこともある。

私としては、彼という共通の友人がいる女友達のつもりだったのだけど…。

彼女さんにしてみたら、
男友達が私の話をするのが気に入らないと。
大人しい子だから、直接そんなことを言うとは思えないけど、
彼から見ると辛そうな顔をするそうな。

前に一緒にランチしたとき、
テーブルを挟んで彼女の愚痴を聞きながら、
「あーあいつそういうとこあるよね〜」
なーんて打っていた私の相槌すら、
大事な彼を軽く見られているようで心外だとさ。

私としては、
なるべく彼女の身に添った考えをして、同意を示したいという気持ちもあるし、
あんまり彼をべた褒めして、彼に気があると思われるのも嫌だったので。
まぁ、自分は口が悪いので、誤解されても仕方なかったかなと思うけど。

彼としても、
彼女を大切にしていて、なるべくなら傷つけたくなくて、
心配事はなるべく排除したい、と。

そんで、排除されたのが私ってわけだ。

多少のヤキモチはわかるけど、
こんなのってナンセンスすぎる。馬鹿げてる。

私も男友達も、恋愛感情は1ミリもないし、
それは彼女も分かってくれていると思っていたのだけれど。

男友達とはそんなに頻繁に会っているわけでもないし、
たまーに誕生日とかにメールのやりとりをする程度だけれど、
高校時代に建築製図の校内コンクールで戦ったよきライバルだし、
とても大事な友達だと思っていたので、
メールの一言で人間関係を絶たれてしまったというのは、それはとても悲しい。

なんかいろいろ憤ると同時に、かなりヘコんだ。

こちらが何をどう弁解しても、何も伝わらない。
正直、仲の良い異性の存在が面白くないっていうのを
いろいろオブラートに包みきれてない状態でぶつけられてる気がする。

邪魔したいとかいう気持ちは全然なくて、
むしろ上手くいけばいいと願っていたはずなのに、
自分自身が阻害していただなんて。
こんなに悲しいことはないでしょう。思い上がりもいいとこだ。

なによりも、
大事だと思っていた友人に裏切られた感が…。
そんなことで友人を切るはずがない、と思っていたのに、
あっさりと切り捨てられてしまったのだ。
自分の価値のなさに愕然とした。


いわゆる束縛?っていうのかな。
そんなに行動や人脈を制限しなくてはならない理由ってなんだろう。
そんなに信用できないものなのだろうか。
まぁ、本人なりに、その人を守りたいとか、手放したくないとか、
そういうのもあるのだろうけれど。

恋人と価値観の相違でケンカすることよりも、
こういう時の方が、ダメージがでかい。
あわよくば、彼女さんのほうだけでも仲良くしたいと思っていたのに、
なんだか逆上されて終わってしまって、一気に二人も友達を失った。

人付き合いと恋愛の面倒くささを味わうと共に、
関係の築き方を見直すことになった。
21歳になって早々に、また嫌な大人の階段を上ろうとしていて、
たったこれしきのことにいちいち涙している自分が、
この先不安でならない。


…だけど、
それだけ相手を不安にさせないってのは、難しいことなんだよね。
信用してもらうのは、とても難しいし、時間がかかる。

口では言っても、心がついていかないときもあるし、
自分でもどうにもできなくて、苦しいときもある。

信用とは別として、いわゆる、
「常識的にありえない」とか
「妥協するラインがおかしい」とか
そういうのもあるけど。

自分が自由に人と関係を持ちたいし、
相手にもそれは追求していって欲しい。
異性からしか得られない意見とか感覚もあるし。

信用しているなら、野放しにするのではなくて、

「心配してるよ、面白くはないよ」

ってのを素直に伝えることと、

「ちゃんと楽しんできてね」

ってのを、誠意を持って伝えることが大事なのかなって。
見えっぱりでいいから、本音を隠さないこと。

私はそういう付き合いをしていきたいと思うし、
それでいいような気がするし、 自分にとっての正解なんだと思う。


JUGEMテーマ:日記・一般


| Days... | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
初選挙。

行ってきました、初投票!
初選挙が都知事選だなんて光栄ですね。

久々に入った出身小学校は桜が満開でそれは綺麗でした。

初めての選挙でしたが、イマイチ勝手が分からずちょっとしどろもどろ。
つっても、紙渡して、紙渡されて、名前書いて終わりだったけど。

友人はみんな、「あっけない」なーんて言っていたけれど、ほんとそんな感じ。
でもなんか「あっけない」とはまた違ったような。

投票用紙を渡されてまじまじと見つめる。
ただの紙切れなのに、変な重みを感じる。

10年前に体育で走り回っていた狭い体育館は、
とても静かで、厳かな空間になっていた。

目の前に貼られていた立候補者の名前が、
よくわからない記号のようで。
鉛筆を握る手に力が入る。

みんなさらさら書いて、とっとと出て行くのに。
なんだか暫く立ち尽くしてしまった。

投票する人は決まっていたはずなのに、本当にこの人でいいのだろうか、と。
そもそも、立候補者に適合者がいるようにはとても思えなくて。
でもだったら誰がやるんだ、お前がやるのか、と。
なんだか白紙で投票したい気持ちでいっぱいでした。

自分の一票なんかたかがしれてるけれど。
自分の判断に委ねられることのプレッシャー。

選挙に参加して、初めて成人になったんだな、と。
これからどんどん、自分で選択をしていくことが増えていくんだな、と。
こうしてまた一つ義務を果たしていって、大人になっていくんですね。

なんだか、選挙に行かない人の気持ちが少し分かるような気がする。
(つっても、選挙に行かない連中がここまで深く考えてるとも思えねーけど)

にしても、また石原かよっていう…とっとと引退しろっての。
投票率のグラフ見ると、やっぱり年配者の支持層が厚い。
だからもっと若い人が選挙に参加しなくちゃいけないのに。

つっても、ああいった情報ってあんまり信用しちゃいけないんだけどね。
社会学に携わる端くれとして、鵜呑みに出来ない自分がいます。

これからどうなるのかなぁ、東京も、日本も。
とりあえず、復興のために汗水流して働いて貰わないと。
ほんで青少年健全育成条例を撤廃して早く引退してください石原都知事さんよ。


JUGEMテーマ:日記・一般


| Days... | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
東北地方太平洋沖地震

まずは、被災された皆様にお見舞い申し上げるとともに、
亡くなられた多くの方へ、深い哀悼の意とご冥福をお祈り申し上げます。

水不足、食糧不足、停電、寒さにどうか負けないで。
一刻も早くライフラインが復興しますように。
お願いだからどうか、これ以上の被害が拡大しませんように。

誰が見ているわけではないけれど、書かずにはいられない。
都内で安住している私の言葉なんか、なんの説得力もないけれど。


私は地震発生時、新宿のバイト先におりました。
電車は動かないし、他のスタッフが出勤できないとのことで、2時間ほど残業。
一人で歩いて帰ろうと思ったところで、やっと家族と連絡が取れて、
母に止められたので、その日は大人しくバイト先に泊まることに。
翌日てっきり休業だと思いきや、ちゃっかり朝から営業することを聞いて驚愕。
帰るのも面倒になったので、そのまま2度寝して、1時間遅れでそのまま出勤。
しっかり7時間勤務して帰ってきました。

帰ったら帰ったでいろいろめちゃくちゃで唖然。
本棚が倒れて漫画やら参考書やらが散乱。
玄関に止めておいた愛車は、リアフォークにヒビが入っていて涙目。
下駄箱の上に置いてあった鏡やら熊の木彫りやらがおちてぶつかったせいだと思われ。泣いた。

落ち着かなくて、衝撃的で長い一日だった。

mixiはちゃんと繋がっていたので、みんなの無事が確認できて安心しました。
筑波大に通う友達が、無事でほんとに良かった…。


テレビのニュースを見て、冷や汗が止まらなかった。
目の前の現実と、テレビの向こうの被災地とのギャップが受け入れられない。

14日の新聞に載っていた写真。
瓦礫の山の前で、残った額縁を見つめながらうなだれる女性。
涙がこらえきれなかった。
私が泣いても仕方ないけど、私が憤ってもどうにもならないけど。

原発関連の話は、難しすぎて今までよく分かっていなかった。
リスクを伴うという事実だけで、その重さをきちんと理解していなかった。
保安院の会見や東電の会見を聞いてもさっぱりでイライラするばかり。
一生懸命ググったりニュースをみたりして現状を理解しようと必死でした。

でも、どんどん事態は深刻になっているようで、怖い。
チェルノブイリの事故は知っていたけど、まさか自分の国で起こるなんて。
地震で大変だというのに、危険は増えるばかり。

やっぱり、原発はやるべきではないのか…、そう思った。
やらないと、経済も生活も回らないのは分かるけど、
人の命や健康に代えられるものではないでしょう。
奇麗事だというけれど、自分の身に置き換えたら口が裂けても言えない。

だけど、危ないからやめる、というのも安易すぎる。
私たちの生活は、原発で成り立っているようなものなのに。
やめる方法を考えるのではなく、
うまく付き合っていく方法を模索しなければ。

そもそも私たちは電気に頼りすぎているところはなきにしもあらずなんだよね。
私たちの利便性は、発電所周辺の人たちの被曝のリスクと引き換えなんだ。
それを思うと、やっぱりいろいろ見直さなければいけないように思う。

とりあえず、東電の人たちには全力を尽くしてもらいたい。
100パー彼らの責任ではないわけだし、責めてばかりもいられない。
会見で泣きそうになっているおじさんを見て、気の毒になった。
動揺しているのは彼らもなんだ。


石原の発言はもう殺意すら覚えるね。
あの発言はどういう神経してれば出てくるのかしら。
天罰受けるべきはテメェだろうが。
こんなのが次の都知事選に出るだなんて笑わせますね。
まぁどうせ、再選するんでしょうけど。
早くすっこんでくれないかなぁ。


巷で流行り?の「てつなぎ」だけど。
どいつもこいつも本当に自己満足すぎて呆れてしまった。
少し調べてみたけれど、「…で?」っていう感想しか残らない。
この状況に便乗して、悪ノリしているようにしか思えないよ。
彼らが繋ぐ輪の中に、被災者の人は入っているのだろうか?


あと、乙武洋匡さんのツイート
『阪神大震災で被災した当事者の一言。
「助けに来てくれて一番ありがたいと思ったのは、自衛隊の人たち。
一番迷惑で邪魔だったのは、自称ボランティアの人たち。
こちらが必要とする事はできず、逆に残り少ない食品や飲料水をコンビニで消費していく始末」』

ちょっと問題になっていたけど、正直そのとおりだと思った。
まぁ、全員が全員じゃないけどね。

しかしながら、著名人のツイートは元気や勇気をもらえる。

『明日から、街が動き出す。経済活動も、本格的に始まる。
そこには、きっと「不謹慎だ」「自粛すべき」という声も出るだろう。
でも、被災地を救う元気と活力は、街が動き出さないことには生まれてこない。
働こう。学ぼう。それが自由にできない人々のことを想い、いつも以上に頑張ろう。』

自粛するだけがいいわけじゃないんだよね…。
普段どおりの生活を回すことが、今自分たちに出来る精一杯だと思い直せた。
かと言って、外泊とか旅行はさすがにアフォかと思ってしまいますが。


とりあえず、いろいろと不安は募るけれど、
まずは自分ができることをするだけだよね。
神経尖らせすぎても参ってしまうし、
なるべく、これまでどおりの生活を心がけようと思う。

JUGEMテーマ:日記・一般


| Days... | 01:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
ぬくぬく。

つい先日年が明けたと思ったら、
気付けばもう3月に入っていた。
もうすぐ暖かくなると思っていたのに、
今日は雪がたんまり降っていたようだ。

「ようだ」というのも、
今日は彼と部屋でのんびり過ごしていたので、
実際に大雪の光景を目の当たりにしていないから。

あたたかいお部屋に食料を買いこんで、
ごろごろ、だらだら。
ご飯を食べて、一眠りして、
テレビを見ながら、おやつを食べて、
ごろごろ、だらだら。

外は大雪で、氷点下だというのに。
私たちには全く関係がないというように、
ベッドでぬくぬく、過ごしてしまった。

特に何をしたというわけでもなく、
ただ無為に過ごしただけなのだけれども。
なんだかとても充実した週末でした。

サイクリングもいいけれど、
膝もまだまだ万全ではないので。
たまにはこういうのも、ね。

にしても。
自分の神経質さにはほとほと呆れてしまった。
普段は無神経なんだけどねぇ(苦笑)
恋人のことになると、ついムキになってしまう。

彼も彼で無神経なのもあるし、
悪気がないのもよく分かってるんだけど。
分かってはいるんだけど…。
私もまだまだ子どもなんですね。

今日の別れ際。
バスのガラス越しにふざけあって、
それだけで、どうしようもなく幸せになってしまって。
寒いのに、早く家に帰ればいいのに、
白い息を吐きながら見送ってくれた彼が、
どうしようもなく、可愛く思えてしまって。

どんなにヘソ曲げてても、やっぱり一緒にいたいわけで。

もっと、大人になりたいなぁ。
もっと、大事にしないとなぁ。
そんなことを考えていた、終バスでした。


JUGEMテーマ:自転車


| Days... | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
BRM226埼玉300アタック宇都宮

相変わらずご無沙汰の日記になります。

日記はサボリ気味ですが、大学のテストも無事に終えて、
バイト三昧、外泊三昧の春休みを送っています。


遊びほうけてはいるものの、寒さに勝てず暫くサボリ気味だった自転車ですが、
そろそろちゃんとサイクリングしたいなぁと思っていた矢先、
恋人に乗せられて、BRM226埼玉300アタック宇都宮にエントリーしてしまいました。

いわゆる「ブルベ」ってやつですね。
レースと違って、順位を競うものではなく、
決められた距離を、決められたコースで、制限時間以内に走りきる
…というものらしい。ふむふむ。

今回は、300kmを20時間で。
早朝6時スタートで、明朝2時までにゴールしなければならない。
ちょww過酷すぎwww

でも300km以上に、400km、600kmとあるらしい。
え、それってなにが楽しいの???

あまりそういったイベントとかに興味はなかったんだけれども、
自分もやっと自転車歴1年と胸を張って言える様になったことだし、
自分の実力を知るいい機会なんじゃないかと思って、頑張ってみました。

ブルベ当日の一週間前に、試走を兼ねて300Km走ってみて、
ギリギリですが、一応300kmは走りきれる事がわかったので。
準備は万端!やってみよう!


…と意気込んだものの。
いやはやどうして毎回毎回何事もなく無難に終えることが出来ないのかと…!!

まずは出走時間を間違えて大慌てwww
エントリーの段階でミスってたらしく、
7時スタートだと思っていたのに、自分だけ6時スタートになっていたwww
コースは完全に彼頼りだったので道がわからず、
彼が出走しないと自分も走り出せないwww オウフww
しかも制限時間があるので、1時間遅れて出る分、
1時間分早く走らなければならないというオチつきwwwww
もう笑うしかありませんでしたね、ええ。

とりあえず、自分と同じ境遇にいたおじさまの後ろにつかせていただけることになって、
ちょうどトイレに行っていた彼を置いてお先に出走。
でもおじさん速くてペースは乱れるし、
くしゃみと鼻水止まらないし(この日見事花粉症デビューw)、
とにもかくにも大変でした…。

前日ぐらいから右足の膝に違和感があって、
負担かけないようにゆっくり走ろうと思ってたのにそれもままならず、
おじさんを見失うとこれまた見知らぬ地で迷子なので、
おいていかれないように必死でペダルを踏んでいたら痛みはひどくなるばかり。

後からかなり必死で追いついてくれた彼と合流できたものの、
距離を稼ぐにつれて右足が上がらなくなってしまった。
最終的に左足だけで回していたものの、漕ぎ出しや上りが辛くなってしまい、
100km越えるまで泣きながら走ってました。

今まで関節痛とは縁がなかったのですが、こんなに痛いものかと。
痛いのに耐性はある思ってたんだけど、思っていた以上でした。
どんどんスピードが落ちていくし、
どんどん後ろの人たちに抜かされていくし、
悔しくて、それはもう悔しくて。

彼との車間距離も離れていくし、
彼にストレスが溜まっていくのも感じたし、
彼の足を引っ張っているという事実が、またさらに悔しくて。

結局、110km越えたところで一人リタイヤしました。

先週の試走で300km走ってみて、
その時も大変だったけど、時間的に多少余裕はあったし、
出走時間のミスで1時間ロスしたけど、挽回できる自信もあった。
参加者の中では最年少だったし、女だし、

「初参加で300kmとかヴァカじゃねーの?w」

とか舐められてると思っていたので、

「こいつ女のくせにすごいな!」

と思われたくて。
私をここまで走れるように育ててくれた彼に自慢してもらえるように。
どうしても一緒に走りきりたかったのに。
ほんとうに、くやしかったです。

さすがに、彼までリタイヤさせるのは申し訳なかったので、
(しかしながらもう少ししぶってくれてもよかったとおもうんだ!)
途中まで彼に案内してもらって、ひとまずお別れ。
あとは自分で駅を探して、自転車バラして、輪行して、また組んで、病院行って、
ホテルの居酒屋で一人で夕飯食べて、泣きながら自転車を磨いて、
部屋で不貞寝してました。

病院で膝を診てもらったら、膝の使いすぎによる炎症だったようです。
腸脛靭帯炎と言って、O脚の人は余計にストレスがかかりやすいみたい。
当時はすっかり腫れてしまっていて、歩くのもままならなかったけど、
お世話になってるカイロでしっかり伸ばして調整してもらったら、随分楽になりました。
ぼちぼち普通に歩けるようになったので、バイトはちゃんと行こうと思います。
骨盤的に腸脛靭帯炎になりやすいそうなので、
オーバーワークに気をつけながら、アフターケアもしっかりするようにとのこと。

しかしながら、医者に、

「ん?自転車で300km?ハハハ馬鹿なの?w」

と笑われた挙句、

「300km走りきってたら、暫く歩けなくなってたと思うよw」

と笑顔で言われたときは冷や汗でした…。

とりあえず、まぁブルベデビュー戦はかなり苦いものになってしまいました。
完走して帰ってきた彼の道中の話を聞いたり、
参加していた人たちのブログを読んでいると、いまだに涙が出るけれど。
これ書きながらもちょっと鼻をすすってますが。

体力とか脚力の実力は分かったけど、
コンディション管理が出来ないうちは、まだまだ素人だということを学びました。
整備も調整も、もっと自力でできるようになりたい。
彼がいなくても、ちゃんと自分で走れるようになりたいと改めて思いました。

正直、リタイヤしたときの絶望感とかもうこりごりだけど、
機会があれば、リベンジしたいなぁとは思ってます。

参加したみなさま、お疲れ様でした!
またお見かけした際は、よろしくお願いいたします。


JUGEMテーマ:自転車


| Bike... | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) |